注意!アクレケア間違った使い方

ニキビ跡改善に効果のある「薬用アクレケア」ですが、
その正しい使い方をご存知ですか?
どんなスキンケア用品も、間違った使い方をしていると、十分な効果が期待できないんですね。

そこで今回は、「薬用アクレケア」の正しい使い方を徹底解説しちゃいます!

まず、覚えておいていただきたいこと、それは「乳液の前に使う」ということです。

アクレケアは美容液なので、化粧水と乳液の間のタイミングで使うと効果的。

アクレケアのような、ニキビ跡用スキンケアの正しい使い方を、4つのステップでご紹介していきます。

①洗顔

洗顔フォームを買う際には、低刺激のものを選びましょう。

刺激が少ない洗顔料で洗うことで、ニキビ跡部分のお肌をいたわりながら洗顔をします。

 

②化粧水を塗る

洗顔後はまず化粧水を塗りましょう。

ここでも、基本的には保湿成分が高くて低刺激の化粧水をぜひ使いましょう。

赤みや色素沈着によるニキビ跡でお悩みの方は、アクレケアと一緒に使うことで、

より効果的にニキビ跡撃退につなげていきます。

 

アクレケア(美容液)を塗る

化粧水に次は、いよいよアクレケアを使っていきます!

数滴手に取って、ニキビ跡の部分を中心に、丁寧に塗り込んでいきます。

アクレケアは伸びがとても良い製品なので、たったの数滴でも十分にカバーできるのがいいですね。

口コミによると、コットンに含ませて使うより、直接手に塗った方が楽ですし、コットンよりもピンポイントで塗れでよいそうです。使用量も抑えることができて、一石二鳥ですね!

 

④乳液で仕上げる

最後は乳液を塗っていきます。

化粧水の保湿成分や、アクレケアの効果を保つよう、優しく覆っていきます。

乳液は色々なタイプがありますので、ご自身の肌質(乾燥肌や、オイリー肌など)

に合わせてと使い分けてください。

ここでのポイントは、塗りすぎないこと!

あまり多く塗りすぎると、新たなニキビを誘発してしまう可能性が高いので、適量を塗ってくださいね。

 

スキンケア時の注意点3つ!!!

 

1)洗顔料は低刺激のものがGood!

刺激の強い洗顔料は、ニキビやニキビ跡にとってよくありません。

私たちのようにニキビ跡で悩んでいる方の中には、お肌を清潔に保たなければ!と

洗浄力が強い洗顔料を選びがちだと思います。

ですが、残念なことに、洗浄力の強い製品はとても刺激が強く、ニキビ跡のあるような弱った肌には向きません。

ニキビでお悩みの方は、肌への刺激が少ない、優しい洗顔料を使ってみてくださいね。

 

2)乳液やクリームの付けすぎNG!

保湿はたしかに大切ですが、乳液やクリームを必要以上に塗ってしまうのはNGです。

化粧水やアクレケアの成分を閉じ込めるため効果を高めるために使うはずが、

肌環境の酸化を促し、皮膚の老化を招いてしまうんです・・・

化粧水やアクレケアを塗ったお肌を優しく覆うイメージで、乳液やクリームの付けすぎには注意しましょう!

 

3)スキンケア用品の使用期限を守るのがMUST!

食べ物や飲み物だけでなく、スキンケアを行う化粧品にも使用期限があるってご存知でしたか?

空気中には、化粧品を酸化させてしまう成分が含まれているんです。

こうした酸化現象が品質を劣化させて、細菌やカビの繁殖に繋がることもあります。

開封後は空気が混入してしまうので、長くてもスキンケア用品は「半年以内に」使い切ることを意識しましょうね。

 

アクレケアを使って、まだあまり効果を感じられていない方や、効果を最大限にしたい!という方に参考になる内容だったかと思います。スキンケア用品の使い方ってなかなか教えてもらう機会がないですよね。

でも、ニキビ跡などに悩んでいる方の、特に弱ったお肌には、スキンケア用品を正しく使い、正しい方法・タイミングでアクレケアを投入していくことがとても大切です!!

 

これからアクレケアの購入を考えている方は、公式サイトがもっともお得ですので、

チェックしてみてくださいね^^